本文へ移動
日本で最大級の動物病院口コミサイト
皆様のおかげで
当病院が全国
1位!!
写真をクリックしてね!!
 
今日のお友達
別宮家の3匹の猫ちゃんたちです!!
レオ・ビオラ・エルモちゃん
 
ハートランド動物病院
〒285-0857
千葉県佐倉市宮ノ台4-3-17
TEL.043-489-7176
FAX.043-489-7320 
診療案内
デグー モルモット チンチラ リス 小鳥 
診療時間
9:30~12:00 15:30~19:00
但し日曜日は午前中のみ
休診:祝日・月曜日・木曜日
(祝日が土日の場合通常診療)
・トリミング
・ペットホテル
各種保険取扱い可
等ご用意しております。詳しくはお問い合わせ下さい。
2
5
1
3
2
5
只今掲載中の動画は
猫のちゃくちゃん
皆様から頂いたほのぼの動画を掲載しています!!
お家での可愛い子たちを掲載しますので、送って下さいませ!!

過去のブログ

ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

井の頭自然文化園のゾウ「はな子」が69歳で天国へ。

2016-06-01
68歳のお誕生日をお祝いしてもらっているはな子
父親の山川清蔵さんと息子さんの宏治さん
タイから来て上野動物園へ行くはな子
先日5月26日に吉祥寺の井の頭自然文化園の像「はな子」が69歳の老衰で亡くなりました。
 
はな子は私にとって思い出ある像です。井の頭公園へ行くとまず一番に会いに行くのがはな子でした。
はな子が亡くなったと聞いて私は涙を流しています。
 
私は小学生の頃から父と一緒に「野生に王国」を見るのが大好きでした。だから私は動物園の獣医師になりたいと当時思っていました。大学院を卒業するまでぞの夢を持っていました。
 
大学3年生の時はボランティアとして上野動物園の「動物園実習」に行きました。
私は本当は「パンダ係」を希望していましたが、当時パンダの飼育は特別な人たちが担当していたので残園ながら第2希望の「猛獣係り」に配属され、それはそれは楽しかったです。
 
本物の雄ライオンを見るのは初めてで、あんな大きいものとは予測していませんでした。
詳細はまたブログにて書きますね。
 
大学院1年生の時に私は「野生動物コース」を選んだので授業の一環として「井の頭自然文化公園」で「獣医師としての実習」を行いました。
 
その時に出会ったのがゾウの「はな子」でした。
はな子の担当飼育の方が「山川清蔵さん」でした。はな子とはいつも一緒ではな子は山川さんには100%信頼度があり山川さんといると私が近くに行っても優しい眼差しではな子は私を見てくれました。
 
「殺人ゾウ」だなんてみじんも思えないほど落ち着きはらったはな子でした。
 
山川さんは本当に真底心から優しい方で、一緒にはな子の餌を作りながらいろいろお話しました。
定年退職した後の山川さんは一度もはな子に会わなかったと聞きました。
私には山川さんの心情が解ります。
 
会ったら次の飼育の担当の方に迷惑がかかると思ったのでしょうね。
でもその後山川さんの息子さんの宏治さんがはな子の飼育担当になりました。親子2代。
 
そして当時私は「はな子」について学会での発表があり、手書きでスライドを作りました。
 
上野動物園でも井の頭自然文化園でも飼育の皆様から可愛がられよく言われました。
 
「可愛い美人のお嬢さんなのにどうして動物園が好きなの?君みたいな女性は男性からもてるでしょう?
だってデートをしたい年頃でしょう?なのに何故どうしてなの?」と。
上野でも井の頭でもよく言われました。
 
私としてはとても不思議な質問でした。
 
私の答えはいつも
「私は獣医大学へ進学したのは小学1年生の時から獣医師になろうと決心したのです。私が今一番大切な勉強して立派な獣医師になることなのでそれ以外はほとんど興味が無いです。けど映画と音楽だけは大好きですが」と言いいますと
皆様笑った顔で
「君は変わった女の子だね。勿論良い意味だよ。褒めているよ」と言われました。
 
そうそう23歳の時に偶然お会いした小泉元首相からも言われましたが・・・。
 
私は別に変わっていなくてただただ真面目で誠実な性格なだけなのですのにね。
 
最後に、私ははな子のゾウ人生としてはとても幸せだったと思います。
だってあんな優しい山川親子といつも一緒に暮らせたのですから。きっとはな子にとっては大事な大事な家族だったと思います。
「はな子」って良い素敵な名前だと思いました。
だって花と華のイメージがあるから。えっまさか鼻のはな子ではありませんよね笑。
 
冗談を言いながら、でもこの文章を書きながら当時を思い出して涙がこぼれてしまいます。
「はな子、よく頑張ったね。あらゆる世代の人々の心を慰めてくれ勇気づけてくれたはな子。遠い日本に小象としてやって来て、時にはお母さんを思い出し泣いたこともあると思うけど。今天国で優しい山川さんとまた一緒に暮らしているのかなと思っています。
 
心からご冥福をお祈りいたしております。」

5月26日「地域新聞佐倉西・東葉版」に掲載されました。!0%OFF券付です。

2016-05-26
2016-5-26地域新聞
地域新聞の景品
 
本日5月26日「地域新聞佐倉西・東葉版」に掲載されました。
 
10%OFF券も付いておりますので、どんなことでもご使用できますのでどうぞお使い下さいませ。
 
今日のゲストは4か月齢のリンゴちゃんと可愛い男の子。
とても仲が良くて幸せです。
 
今日は狂犬病フィラリア予防薬の処方に来ました。
 
飼い主様は「随分お安くてびっくりしました。」ととても喜んで頂きました。
 
かなりお得な会員様にもなって頂きました。
 
会員様制度はこちら です。
 
さらに今回は景品も当たりますので どしどしご応募下さいませ。
 
 
 

本日4月22日「地域新聞」佐倉西版・東葉版に掲載されました。

2016-04-22
今日の地域新聞に掲載されています。
 
10%OFF券も添付されておりますので何でもご使用してくださいませ。
 
今週はとても多忙でなかなかHPを更新することが出来ませんでした。
 
「診療について」にも掲載されている二人の可愛い姉妹と3か月齢のきなこちゃん
 
 とても可愛がられてきなこちゃんは本当に幸せなことだと思います。
 
 
こちらも是非ご覧くださいませ。
 
ただ今20%OFFとなってかなりのお得です!!!
 
 
 
 

昔野良猫ちゃんだったたまちゃんのびっくりぽんのお話。

2016-04-13
やっとブログを更新することが出来ました。
今日はたまちゃん。
 
たまちゃんは手術する前は野良猫さんだったのです。やっと捕まえることが出来てハートランド動物病院にやって来ました。たまちゃんのママさんに心から感謝している私です。
たまちゃんは野良猫さんなので抜糸するまで預かることと人間不信を払しょくしようと思いました。
 
皆様もご存じのように動画のたまちゃんの目は人間不信の目を始めはしていましたよね。
たまちゃん動画はこちら
 
左の写真:今ではこうやっておうち猫としてこんなに無防備で爆睡中のたまちゃんになりました。
 
たまちゃんの手術が決まって手術(卵巣・子宮摘出術=避妊手術)をしたらどこを探しても卵巣も子宮も無いし、手術した形跡も全くありません。びっくりぽんです。
 
つまり「奇形」だったということ。
私は初めての経験ですが、たまにあるそうですよ。腎臓が一つだったり・・・。
 
中央の写真:皮膚縫合をして終了。
 
縫合と言えば、私の大学3年生の外科実習を思い出してしまいます。
私は子供の頃からお裁縫が好きで母と一緒にリカちゃんやバービーちゃん人形の洋服を作っていました。
 
でも私が実習中に腹壁を縫っていたら、多川先生(現日本獣医生命科学大学外科学教室の名誉教授)に
「あのね、綺麗に縫うのは良いことだけど、そんなに細かく縫っていたら、うっ血して組織が駄目になってしまうから、もう一度縫い直しなさい。」と怒られてしまい、もう一度最初から縫ってやっと合格点を頂きました。腹壁縫合は細かすぎても駄目ですが、皮膚縫合は私のことですから綺麗に縫わないと気がすみません笑。
その話を多川先生にしたら笑いながら「もう覚えていません。」と。それはそうですよねと私も苦笑い。
 
右側の写真:私が作った最後のパッチワークの作品です。
もう25年前になりますね。まさかこの作品が出て来るなんて夢にも思っていませんでした。これは全部手縫いです。テーブルセンターです。
パッチワークはとにかく繊細で正確で地道な作業によって完成します。デザインをして型紙から作ります。私はこういった細かくて緻密な作業がとても大好きです。
 
だから子供の頃から釣りが大好き!
 
またパッチワークの話も釣りの話もしましょうね。

3月25日号「地域新聞 東葉版・佐倉西版」に掲載されました。10%OFF券付

2016-03-24
2016-3-24地域新聞 柴犬の豆助ちゃん
柴犬の豆助ちゃん
2016年3月25日号の「地域新聞 東葉版・佐倉西版」にハートランド動物病院が掲載されました。
 
10%OFF券も付いておりますので何でも使用してくださいませ。
 
今回のゲストは柴犬の豆助ちゃん。
 
ただ今「躾指導」の真っただ中で奮闘中!とても良い子になりました。
 
豆助ちゃんのブログを参照してくださいませ。→詳細はここ!
TOPへ戻る